top of page
  • 聡子 本田

あっという間

2020年11月12日からあっという間に2年が過ぎました。

新しいことの連続に追われ、つい後手後手になっていたこのブログ。

息を吹き返して、日々、気付いたことをあげていくようにしようと思います。


さっそく、今日はにきびの塗り薬のことについてです。

10代、20代を中心に、小学校高学年くらいから、にきびの患者さんが増えてきます。

にきびの塗り薬でよく使われるべピオゲルは、にきびの原因となるアクネ菌などの増殖を抑え、皮膚の毛穴の周りの角層の剥離をすすめる作用があります。

特に薬を使い始めた頃、皮膚を剥離するという作用により、刺激症状を起こすことが多くあります。赤みや痛み、痒みやほてり感などの症状が、程度はいろいろですが、3人に2人起こるとも言われています。

ほとんどは、一過性に刺激症状があっても、だんだん慣れて、刺激感なく塗れるようになっていきますが、まれに、顔全体が真っ赤になって腫れたり、浸出液が出るような強い刺激症状が出られることがあり、当院でも開院直後におひとり、ちょうど2年をおいて、この11月にもおひとり辛い症状が出た患者さんがおられました。

にきびを治したいと思って受診してくださったのに、にきびより辛い症状が起こってしまい、精神的にもずいぶん辛かったことと思います。

どんな人が強い症状が出る可能性があるのか、使う前に予想ができればいよいのですが、薬疹のようにわからないところがあり、薬を使い始める前に、より十分な説明が必要なことを再確認したところです。

ちなみに、できるだけ刺激症状を減らすには、化粧水や保湿剤を塗ってから、薬を塗る面積を毎日少しずつ増やしていくとよいです。今日はちょっと痛いな、とか、痒いな、という場合は塗るのをお休みして、次の日から塗るのもよいです。



閲覧数:273回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゆく年

めっきり寒くなりました。 いわゆる「いぼ」や「水虫」、「たこ」「うおのめ」など、足の裏を触ることが多いですが、気温とともに、足の冷たい患者さんが一気に増えました。 冬になったなあ、と実感します。 そして、「かさかさ」も増えてきました。 「かさかさ」には保湿剤が王道ですが、保湿剤を塗ったことのないと言われる患者さんもおられますが、保湿剤を塗っても塗ってもかさかさとごわごわが治らないと言われる患者さん

bottom of page