top of page
  • 聡子 本田

ゆく年

先週の寒さとは一転、穏やかな年の瀬です。

雲もその場にふわふわ浮かんでいます。

今冬、特に12月に入ってからしもやけが急増。

冬になると、やけどやひどい手の湿疹が増えるのは歳時記のようですが、今年は老若男女、しもやけが多いようです。患者さんのおよそ8人に1人がしもやけ、という日もありました。「しもやけには毎年なるけど、今年はひどい」という方もおられます。


昔、小学校の上履きが冬でもはだしにスリッパで、「足の指がなんか痒いなー」と思いながら、バケツで水を流しながら竹ぼうきで掃き掃除していたことを思い出しました。時々、冷たい水が足にかかります。今から思えば、しもやけになるはずですね。ずっと忘れていたしもやけの痒みを思い出しました。


2022年もあと数時間。みなさんに、すべてに、感謝です!!

来る2023年もよい年となりますように☆


閲覧数:142回0件のコメント

最新記事

すべて表示

めっきり寒くなりました。 いわゆる「いぼ」や「水虫」、「たこ」「うおのめ」など、足の裏を触ることが多いですが、気温とともに、足の冷たい患者さんが一気に増えました。 冬になったなあ、と実感します。 そして、「かさかさ」も増えてきました。 「かさかさ」には保湿剤が王道ですが、保湿剤を塗ったことのないと言われる患者さんもおられますが、保湿剤を塗っても塗ってもかさかさとごわごわが治らないと言われる患者さん

bottom of page